HOME > ブログ

leaf_miharunoさんのBlog

新型日産リーフのプロパイロットパーキングが乗り越えられない4.5cmの壁  2018-04-15 18:55:49

 

新型日産リーフのプロパイロットパーキングが乗り越えられない4.5cmの壁 新型日産リーフには、先進技術が、いろいろと搭載されています。
その中でも、我が家では、プロパイロットパーキングが連日のように活躍してくれています。

プロパイロットパーキング用に自分で白線を引いた自宅の駐車場と車道との間には、4.5cmの段差があるのですが、今まで自分で運転していて気になったことは一度もありません。





ところが、新型日産リーフのプロパイロットパーキングには、この4.5cmの段差が、大きな壁となって阻んできます。





普通に走っていても気にならない段差でも、プロパイロットパーキングにとっては、車止めだったり、クルマが進むことを阻むものを安全に処理するために、この段差で停止してしまうんです。





プロパイロットパーキングを使って、我が家の駐車場に新型日産リーフを駐車しようとすると、こんな感じで止まってしまいます。




こんなに駐車場からはみ出した状態で、プロパイロットパーキングは、終了しちゃうんですよね。





そこで考えたのが、このロードスペーサーという製品です。





近所のホームセンターによると、ロードスペーサーには、

 ・天然ゴム製
 ・プラスチック製
 ・コンクリート製
 ・鉄製

が、あるようですね。
私は、こちらのホームセンターの比較表を参考にして、天然ゴム製の製品を選びました。




私が購入したのがこちらです。
WATT社製 天然ゴム製 段差プレート 「ロードスペーサー」

 製品名 : 〔段差解消プレート〕ロードスペーサー W5-60 ストレート
 価格  : ¥1,600(税込 ジョイフル本田オンラインショップ)
 サイズ : 幅600mm×奥行145mm×高さ45mm
 JANコード : 4582252290133
 




こちらが、設置した後の写真になります。

幅60cmのロードスペーサーが5個と両側にコーナーの製品を取り付けて、付属のボルトで、接続すれば完成です。

これで、せっかく駐車場に自分で白線を引いたプロパイロットパーキングが活躍してくれます。

▲ページの先頭へ