HOME > ブログ

よこよこさんのBlog

電動車両で高速道路を使う方にオススメのスマホ用無料アプリが登場! 2017-10-14 15:30:54

nvパパさんのBlogを基にi-MiEV購入店のお店ブログとして提供したネタですが、こちらでも再構成してupします。

電動車両で長距離をお出かけすると途中で充電を行うのに役立つ充電スポット情報アプリとして、

三菱自動車 電動車両サポートアプリが有り、現在の利用状況が解るのですが、満空の表示だけなので、

充電を始めてすぐなのか?もうすぐ終わりそうなのか?までは解りません。

三菱自動車 電動車両サポートアプリ↓
http://ev-support.mitsubishi-motors.co.jp/service/ev_app.html

そんななか、高速道路限定ですが、各充電器の詳細な利用状況や運休情報などを

リアルタイムに把握できるスマホ用無料アプリが登場しました。
全国の高速道路に設置される急速充電器の95%を占める約400基で下記情報が解ります。

具体的には・・・
1)使用中の充電器の充電開始時間をほぼリアルタイム(1分毎に更新)に照会できます。
  これにより、当該スポットの充電待ち時間の目安を知ることができます。

具体的にはこんな画面です。(私のスマホ画面のスクリーンショットです)


2)過去3ヶ月の利用実績に基づく時間・曜日(平日/祝休日)別の混雑状況や

  点検や故障による休止情報を充電スポット毎に参照することができます。

具体的にはこんな画面です。(私のスマホ画面のスクリーンショットです)


充電待ちの車があるかどうかまでは解りませんが、これは便利なアプリです。

アプリの名前は「高速充電なび」と言います。ダウンロードは下記から行えます。

iOS版はこちら↓(互換性: iOS 9.0 以降)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1263727212?ls=1&mt=8 

Android版はこちら↓(Android 要件 4.4 以上)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.charge.navi&hl=ja


現在1回30分と規定している急速充電スポットが多いですが、急速充電は必ず30分行わないといけないわけではありません。

高速道路のSAやPAにも急速充電設備の設置が進んでいますが、

場所によっては充電のあるところを各駅停車で充電しないといけない区間もあります。
そういった場合、規定時間の目一杯充電するより必要な分だけで充電を止めて移動した方が目的地には早く到着します。
と言うのも、充電電流は一定ではなく電池残量が多くなると充電電流が下がり充電スピードが遅くなります。
SA到着時の電池残量と次の充電スポットまでの距離にもよりますが、状況次第では数分の充電でOKです。

メーカーとしても充電マナーを周知するべく、

三菱自動車製電動車両各車種の取扱説明書に充電マナーについて記載されています。
充電マナーに関する部分を赤い四角で囲みました。

アウトランダーPHEV


アイ・ミーブ


ミニキャブMiEV


説明書には「つぎに待っている人がいるときは、必要な量で充電を停止し、つぎの方に譲ってあげてください」とあります。
少なくともプリウスPHV、アウトランダーPHEV、BMW・i3などのプラグインハイブリッド車、レンジエクステンダー車には

エンジンが有るので、電池残量が少なくてもガス欠寸前でない限り、次の充電スポットまで必要な量はいつでも確保されています。
「充電器に残り時間が何分と表示されているのだから、あと何分は充電する権利がある!」とエゴを言うのではなく、

少ない充電設備をみんなで譲り合って充電スペースを気持ち良く使っていけるようにしましょう!

既に電動車両各車種にお乗りの皆さまは新たなユーザーさんのお手本となってくださる事を期待します。
また、新たに電動車両各車種を購入された皆さまは上記などもご参考にして頂ければ幸いです。

11月26日には三菱自動車岡崎製作所にて、「MMF2017」が開催されます。
多くの電動車両がかなりの遠方からも参加します。
その中でアウトランダーPHEVに乗っている人が取扱説明書をキチンと読んで理解し、

ユーザーのお手本となる行動で示されることを期待しています。


▲ページの先頭へ